技術覚え書きブログ

WinLoについての記事や、開発に関してのメモを記録するためのブログ

evervimの導入

最近ずっとVimを使っているのでEvernoteVimで操作したくなって軽く探して見つけたevervimを導入してみた。
結論から言うと導入はできたが、休みのほとんどが潰れて本来やろうとしたことができなくなったうえ、結局ノートを編集できていない。
導入方法が悪いのかもしれないが、かなり苦戦したので一応備忘録として記録しておく。


前提条件

git for windows導入済
Cygwin導入済
vimはgit bashのデフォを利用していた

手順

kaoriya vimの導入

Vim — KaoriYa
ここからVimをダウンロードしてくる。
C:\Program Files\vimに展開した。

Pythonの導入

2.7を使うらしい

Python Release Python 2.7.10 | Python.org
ここから落とす。

pipの導入

まずはここからget-pip.pyを落としてくる。
Installation — pip 9.0.1 documentation

C:\Python27C:\Python27\Scriptにユーザー環境変数にパスを通して、コマンドプロンプト

pip install markdown

Neobundleの導入

Evernoteでmarkdownを使う方法を調べてvim(evervim)をとりあえず使うことにした on Windows | ゆとりの雑記帳
を参考にkaoriya vimのvimrcに記述する。

evervimのセットアップ

kaoriya vimのパスを通してコマンドプロンプトから起動する。 インストールするかどうかを聞かれるのでyを入力 インストールが終わればvim上で :EvervimSetup を入力。問題がなければセットアップされる。

トークンの取得と連携

https://www.evernote.com/api/DeveloperToken.action:Title からトークンを取得して vimrcに

let g:evervim_devtoken='<トークン>'

を追加する。
問題がなければSuccessfullとかなんとか出てくるはず。

使う

ここまで終わればEvernoteとの連携も終わり使えるようになるはず。

:EvervimNotebookList

とすればノートブックの一覧を見ることができ、選んでを入力するとノートブックの中身が見れたりするらしい。 しかし、Enterを押そうがC-mを連打しようがうまく行かず断念。

何故かうまく行かないのか全く分からないので原因分かる方いれば教えていただければ幸いです。